もうひとつたくましく

風邪が三週間くらい長引いた。喉が苦しくて、眠れない日々。
更に、季節の変わり目で、お日様に当たる時間が減ったせいなのか、
起きることが大変になってきて。いろんな症状が出て、今も漢方病院に通っています。
だいぶ回復はしてきましたが、ヨガも簡単な内容ばかり。

ヨガを始めてから、こんなに体調を崩したのははじめてかもしれない。
ヨガで、体力も筋力も自信もついてきてたのに。
どうしてなのだろうと、ものすごいショックを受けた。

そもそも、こんな風に調子が悪いだなんて、
ヨガを教えていたら書いちゃいけないような気がして。

「ヨガの先生は明るくて、はつらつとしてて、元気で、笑顔で。
いつでもキラキラしていなきゃいけない。辛い顔なんて見せちゃダメ。
だってヨガをやれば元気になるし、きれいになるし、そういうものだもの。」

誰に言われたわけでもないのに、「何か」に影響を受けて
それをそのまま、その通りだと思い込んで。

でも、そのままにしてたら昔の、自分をいじめる私のままだなと思った。

「私は元気です。」って嘘をついてニコニコし続けるのはものすごーく簡単だけど、どんどんと本当の自分を追い込んでるような気がして。いやいや、それで爆発して倒れたんじゃないか、私。

そんなことしてちゃ、それこそダメだ。私の知ってるヨガじゃない。
私が伝えたい事じゃない。全然違うぞ。

調子が悪いのも事実だし、何で私ってこんなダメなんだろうって落ち込むけど、
それを否定しないで、無視しないで見つめてあげたい。
自分の心にも体にも、ごまかして、嘘もつかないでいたい。

「それでも、今できることを一生懸命やっているのだからいいじゃない、大丈夫だよ。あなたは何度も立ち上がってきたじゃない。」って言ってあげたい。

人には言えるのに、何でずっと自分には言ってあげられないんだろう。
どこまで行ったら、心の底から、そう思えるようになるんだろう。

ここまで気づいているのだから、それはそれでいいんだけど。

ここ7年くらい「じぶんにやさしくする」の本当の意味を考えていて。
(なのでサイトにもでかでかと書いてます)

もしかしたら、この風邪も、季節の変わり目の落ち込みも、
「じぶんにやさしくする」ための、勉強なのかもしれない。

もうひとつたくましくなるんだろうな。
いい方向にしか進めないって知ってるもの。

(こんなこと書くと、レッスン大丈夫なのかと思われるかもしれません、それが心配。笑
レッスンはほんとうにものすごーーーーーーーーく言葉じゃうまくかけないくらい思いを込めて行っていますので、ご安心を!200%くらいの気持ちでいつもお迎えしてますのでね!一緒にヨガ、やりましょ!)